top›人材紹介会社とは

人材紹介会社とは


職業安定法による厚生労働大臣の許可を得て、求職者に求人案件(求人企業)・求人企業に 求職者を紹介することを業とする民間の斡旋、紹介会社。通常求職者は無料で利用でき、求人 企業から報酬を得て響されている。

求職者からも求人企業からもその存在意義広く認めら れるようになり、規制緩和の流れもあって大幅に数が増えた。ここで転職を決める人も増えて おり、特に大都市のホワイトカラー層の転職では人材紹介会社の利用が一種のトレンドになっ ている。しかし、比例するように不平不満も増加傾向にあり、誤解されることも多い。

十分活用するためには、その状況やシステムについて理解することが必須であり、税金で運 営されている職安など公的斡旋機関とは相当の違いがあることもよく認識する必要がある。「上 手な使い方」を心得れば、転職成就に一直線なのだ。

人材ビジネス業の一類型である人材紹介業は、営利を目的とする有料事業と公共の 福祉の観点から行なう無料事業の2つに分かれる。

有料事業には主にホワイトカラー の正社員転職斡旋を扱う人材紹介会社とマネキン、モデル、調理人、家政婦、配膳人、芸 能家、理美容師、看護師等特殊技能的職種の常用、短期的・臨時的雇用を対象とする人材紹介 所」(伝統的職業紹介業ともいわれる)がある。

有料人材紹介業」は2008年3月現在、約1万5千事業所が厚生労働省で許可されており、 うち約65%が「人材紹介会社」、35%が「人材紹介所」だと思われる。ただし、この分別は厳 密なものでなく、福祉職種などが重複したりしている。

「人材紹介会社」は、求職者から見れば仕事(職業)を紹介してくれる「職業紹介会社」であるが、 金の支払主である求人企業から見れば人材を紹介してくれる会社であるため、この呼び方 が一般的。ほかに人材バンク、人材銀行、エージェント、民間職安、転職斡旋業、人材斡旋 会社といった呼び方もされ、職安法などでは有料職業紹介事業者と呼称される。

<広告>

50歳からの仕事、転職コラム
事前準備が必要 雇用のミスマッチを理解する 転職希望条件の設定が必要 雇用形態は柔軟に考える
基本的な雇用形態を理解する 給与条件のダウンは覚悟する 目先の月給に惑わされていけない 勤務地で有効求人倍率が変わることを理解する
希望職種は3つ用意する 希望職種の決め方 自分の職業適性を確認する 自己分析してみる
タウンページを活用してみる 家族の協力が必要 友人、知人も頼りになる 縁故も大事にする
普段の人脈作りも大切 退職後、挨拶文を必ず出す パソコンは必須 パソコンの活用法
潜在求人にアピールする すぐに行動に移せるかが重要 待ちよりも攻めよう 量の多さで決まる
1/16の法則 量質転化の法則 ハインリッヒの法則 やるときは集中的に取組む
応募の数値目標を立てる 家族や友人にも役割分担を頼む 面接に行って会社の実態を確かめる 職安の特徴
職安の利用方法 職安で求人情報の閲覧方法 職安の上手な活用法 職安での求人企業、求人内容の状況
職安訪問時に確認しておくこと 職安のメイン業務 職安の求人案内は信用できるのか? 職安に出ている求人に、職安を通さないで直接応募してもよいのか?
職安利用の注意点 人材銀行とは 人材銀行の特色 人材銀行の活用方法
財団法人産業雇用安定センターとは 財団法人産業雇用安定センターで受けられるサービス 高年齢者職業相談室とは ふるさとハローワークとは
地方公共団体の就職支援 福祉人材センター・福祉人材バンクとは 特別の法律により設立された法人の就職支援 シルバー人材センターとは
Uターンセンターとは 人材紹介会社とは 人材紹介会社の仕組み 人材紹介会社のタイプ
人材紹介コンサルタントとは 人材紹介会社のコンサルタントとの付き合い方 人材紹介会社の担当コンサルタントを代えてもらうことはできるか? 人材派遣会社について
人材派遣のよさ 人材派遣のしくみ 再就職支援会社とは NPO法人とは
求人広告には多くの媒体がある 求人広告の活用方法 求人広告の信用性 求人広告は積極的に応募する
求人広告の全国紙について 求人広告の地方紙 求人広告の有料求人情報誌 求人広告のフリーペーパー
求人広告の折り込み求人紙 求人広告のビジネス誌・業界誌・タウン誌・一般誌 求人広告の体裁に騙されるな 求人サイトとは
求人サイトの選び方 求人サイトの使い方 転職イベントとは 転職フェアとは
就職面接会とは 退職した会社に復職する スカウトサービスの利用  

<広告>