top›人材紹介コンサルタントとは

人材紹介コンサルタントとは


コンサルタントとはなんであろ うか。求職者が人材会社を訪問したり電話したりした時に応対してくれ、求人案件の紹介やい ろいろなサービスを提供してくれる人を「人材紹介コンサルタント」と一般的に呼んでいる。

マンツーマンで接してくれるコンサルが求職者の生き死にを握っ ており、コンサルの対応が転職成就の鍵を握っている。したがって、よいコンサルに当たるか どうかは本当に切実な問題なのだ。それと同時にそのコンサルとよい関係を維持していかねば ならない。

業務遂行が分業型の大手人材紹介会社を除いては、最初に求職者と接したコンサルが、該当 求職者の窓口(担当)となるのが一般的である。登録後は求職者からの「お願い」や「催促」、 「苦情」の矢面に立つというわけだ。

「人材紹介コンサルタント」とは業界内での一般的通称で、おのおのの会社では「キャリア アドバイザー」、「転職アドバイザー」、「人材コンサルタント」、「キャリアコンサルタント」、「キャ リアカウンセラー」、「キャリア人材ビジネスコンサルタント」、「ヘッドハンター」(サーチ型) などといったさまざまな呼称が使われている。

求職者の就職を直接お世話し、求人企業との間 に立って調整する、という意味で類似した職種でいうと、「人材派遣業」では「コーディネー ター」、「再就職支援業」では「キャリアカウンセラー」の呼び名がよく使われている。

コンサルが求職者に提供するサービスは、「求職者の状況や条件に合った求人案件を紹介し、 求人企業と結び付けることである。

会社のその時の都合で、男性求職者に女性コンサルが付いたり、年配の求職者を若手コンサ ルが担当したり、求職者の希望する業界や職種に疎いコンサルが出てきたりすることがままあ る。コンサルの質はいろいろな上に、自分との相性もあるので慎重に選ぼう。

<広告>

50歳からの仕事、転職コラム
事前準備が必要 雇用のミスマッチを理解する 転職希望条件の設定が必要 雇用形態は柔軟に考える
基本的な雇用形態を理解する 給与条件のダウンは覚悟する 目先の月給に惑わされていけない 勤務地で有効求人倍率が変わることを理解する
希望職種は3つ用意する 希望職種の決め方 自分の職業適性を確認する 自己分析してみる
タウンページを活用してみる 家族の協力が必要 友人、知人も頼りになる 縁故も大事にする
普段の人脈作りも大切 退職後、挨拶文を必ず出す パソコンは必須 パソコンの活用法
潜在求人にアピールする すぐに行動に移せるかが重要 待ちよりも攻めよう 量の多さで決まる
1/16の法則 量質転化の法則 ハインリッヒの法則 やるときは集中的に取組む
応募の数値目標を立てる 家族や友人にも役割分担を頼む 面接に行って会社の実態を確かめる 職安の特徴
職安の利用方法 職安で求人情報の閲覧方法 職安の上手な活用法 職安での求人企業、求人内容の状況
職安訪問時に確認しておくこと 職安のメイン業務 職安の求人案内は信用できるのか? 職安に出ている求人に、職安を通さないで直接応募してもよいのか?
職安利用の注意点 人材銀行とは 人材銀行の特色 人材銀行の活用方法
財団法人産業雇用安定センターとは 財団法人産業雇用安定センターで受けられるサービス 高年齢者職業相談室とは ふるさとハローワークとは
地方公共団体の就職支援 福祉人材センター・福祉人材バンクとは 特別の法律により設立された法人の就職支援 シルバー人材センターとは
Uターンセンターとは 人材紹介会社とは 人材紹介会社の仕組み 人材紹介会社のタイプ
人材紹介コンサルタントとは 人材紹介会社のコンサルタントとの付き合い方 人材紹介会社の担当コンサルタントを代えてもらうことはできるか? 人材派遣会社について
人材派遣のよさ 人材派遣のしくみ 再就職支援会社とは NPO法人とは
求人広告には多くの媒体がある 求人広告の活用方法 求人広告の信用性 求人広告は積極的に応募する
求人広告の全国紙について 求人広告の地方紙 求人広告の有料求人情報誌 求人広告のフリーペーパー
求人広告の折り込み求人紙 求人広告のビジネス誌・業界誌・タウン誌・一般誌 求人広告の体裁に騙されるな 求人サイトとは
求人サイトの選び方 求人サイトの使い方 転職イベントとは 転職フェアとは
就職面接会とは 退職した会社に復職する スカウトサービスの利用  

<広告>