top›求人広告のフリーペーパー

求人広告のフリーペーパー


首都圏では、「DOMO」、「タウンワーク社 員」、「ジョ ブクリック」など次々に新しいフリーペーパーが発刊されている。

鉄道 沿線や市町村単位の範囲で多くの地域版が出ており、地域密着型。 派遣・アルバイト・契約・パートが主で、正社員は一部のみ。 コンビニ・外食産業・福祉・サービス・運送業界・警備保障・ビル管理業界が多い。

なお、各誌は求人サイトや携帯と連動し、どちらを見ても同じ情報を発信していることが多 い。この辺は、「折り込み求人紙」と似通っている。なにかいい仕事ないかな、とパラパラ雑 誌をめくって見られる気軽さ、気安さがあり、地方でも多くの種類のフリーペーパーが競いあっ ている。

定期的に発行され、置かれる場所も決まっているので、いつどこで収集するのか決めておく とモレがなく効率的だ。人気誌は置かれてもすぐなくなってしまうので注意しよう。

また、ほかにもいろいろなフリーペーパーがある。保育園児をもつ母親向けの月刊誌「マ マタス」(首都圏の保育園で配付)、空港専門の「セントレア・ワークナビ2」(中部空港で配付)、 タクシー運転手向けの「タクシー転職道」。

さらに、全国のフリーペーパーをジャンル別・エ リア別・発行日別に検索できる、「フリーペーパーナビ」というサイトも使える。ジャンル「求 人」で検索をしよう。

<広告>

50歳からの仕事、転職コラム
事前準備が必要 雇用のミスマッチを理解する 転職希望条件の設定が必要 雇用形態は柔軟に考える
基本的な雇用形態を理解する 給与条件のダウンは覚悟する 目先の月給に惑わされていけない 勤務地で有効求人倍率が変わることを理解する
希望職種は3つ用意する 希望職種の決め方 自分の職業適性を確認する 自己分析してみる
タウンページを活用してみる 家族の協力が必要 友人、知人も頼りになる 縁故も大事にする
普段の人脈作りも大切 退職後、挨拶文を必ず出す パソコンは必須 パソコンの活用法
潜在求人にアピールする すぐに行動に移せるかが重要 待ちよりも攻めよう 量の多さで決まる
1/16の法則 量質転化の法則 ハインリッヒの法則 やるときは集中的に取組む
応募の数値目標を立てる 家族や友人にも役割分担を頼む 面接に行って会社の実態を確かめる 職安の特徴
職安の利用方法 職安で求人情報の閲覧方法 職安の上手な活用法 職安での求人企業、求人内容の状況
職安訪問時に確認しておくこと 職安のメイン業務 職安の求人案内は信用できるのか? 職安に出ている求人に、職安を通さないで直接応募してもよいのか?
職安利用の注意点 人材銀行とは 人材銀行の特色 人材銀行の活用方法
財団法人産業雇用安定センターとは 財団法人産業雇用安定センターで受けられるサービス 高年齢者職業相談室とは ふるさとハローワークとは
地方公共団体の就職支援 福祉人材センター・福祉人材バンクとは 特別の法律により設立された法人の就職支援 シルバー人材センターとは
Uターンセンターとは 人材紹介会社とは 人材紹介会社の仕組み 人材紹介会社のタイプ
人材紹介コンサルタントとは 人材紹介会社のコンサルタントとの付き合い方 人材紹介会社の担当コンサルタントを代えてもらうことはできるか? 人材派遣会社について
人材派遣のよさ 人材派遣のしくみ 再就職支援会社とは NPO法人とは
求人広告には多くの媒体がある 求人広告の活用方法 求人広告の信用性 求人広告は積極的に応募する
求人広告の全国紙について 求人広告の地方紙 求人広告の有料求人情報誌 求人広告のフリーペーパー
求人広告の折り込み求人紙 求人広告のビジネス誌・業界誌・タウン誌・一般誌 求人広告の体裁に騙されるな 求人サイトとは
求人サイトの選び方 求人サイトの使い方 転職イベントとは 転職フェアとは
就職面接会とは 退職した会社に復職する スカウトサービスの利用  

<広告>